にんにくについて

原料となる「にんにく」について少しご説明します。


【にんにくの歴史】
にんにくは、古代エジプト時代ピラミッドの建設に従事した労働者たちが

強壮食品として食したり、ローマ時代には遠征へ向かう兵士の

体力維持に欠かせない食品でした。

スタミナ食品としての役割だけでなく、肉や魚介類の保存にも用いられ、
また、外傷、毒蛇・毒虫による咬傷に対してにんにくを塗り付ける

治療法として用いられるなど、様々な効用が広がっていました。

日本へは大和時代に伝来したと言われています。

IMG_2933加工済.JPG

【科、属名】
ユリ科、ネギ属
タマネギ・ネギ・アサツキなどの仲間


【品種】
寒地型・・主に北海道や東北で栽培される品種 
     福地ホワイト、富良野、岩城、八幡平、ホワイト山形

暖地型・・四国や九州で栽培される品種
     上海早生、壱岐早生、佐賀在来、高知在来

低緯度型・・沖縄で栽培される沖縄早生や静岡で栽培される遠州極早生など
      沖縄早生、遠州早生、鹿児島在来、与論在来、大島在来 

 


【栽培から収穫、保存まで】
植付は9月下旬から10月中旬ごろから始まります。
球形成は0-5℃が最適とされ、その後分化した球の発育は
10℃前後で始まり、20℃前後の温暖な温度で促進されると言われています。
(寒冷地:15〜20℃ 暖地:18℃〜23℃)
4月下旬から6月下旬に花芽が生じて身がついてきますので、
2回くらいに分けて芯をつみとります。

収穫は早熟栽培で3月下旬から始まります。
多くは5月下旬から8月上旬までです。
採取後、風通しの良い軒下や、茎を縛って振り分けにして
重量が25〜30%に減少するまで乾燥します。  

 

【にんにくの成分について】

 にんにく成分表 縮小版

 

【にんにく摂取の際の目安】

生食・・1片/日、加熱・・2〜3片/日
特に生食は刺激が強いため、
空腹時や胃腸の弱い方、体の弱い方はなるべく控えた方が良いです。
生を過剰摂取すると、胃痛や胸焼け、貧血などを招く場合があります。


また、アメリカ国立がん研究所によるデザイナーズピラミッド※では
「にんにく」が堂々の1位!
(※がん予防効果が期待できる40種類の食品を ピラミッド状に表したもの)

 

  デザイナーズピラミッド 縮小版

 

 

IMG_2952 - 加工済.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<文献>
「にんにくの神秘」 小湊 潔 著  1972.3
「にんにく新発見」 小湊 潔、小湊 壌 著 2000.10
「食品加工総覧 第10巻」 農山漁村文化協会 2000.5
「新特産シリーズ にんにく」 大場 貞信 著 2003.3

▲このページのトップに戻る